【The Sandbox(SAND/サンド)とは?】買い方・特徴・将来性を画像付きで完全ガイド!

オススメ銘柄

The Sandbox(SAND/サンド)の取引を始めてみたいけど、どんな仮想通貨なのかな?

今後値上がりするかな?

特徴と購入方法を教えてほしい。

そんな悩みを解決してあげる♪

この記事では、The Sandbox(SAND/サンド)の特徴や今後の見通しについて詳しく解説をしていきます。

The Sandboxは、今注目の仮想空間メタバースでプレイしながら稼ぐことができるNFTゲームです。

NFTゲームとは?…ブロックチェーン技術を活用したゲームの総称で、ゲームデータをブロックチェーン上で管理することで唯一無二のアイテムなどを作ることができるゲームのこと。

メタバース空間内で使用されるトークンを「SAND」と呼びます。

The Sandbox(SAND/サンド)は、adidas(アディダス)など有名企業とコラボレーションすることで注目を集め、SANDの価格は1年で280倍以上に上昇しました。

そんなThe Sandbox(SAND/サンド)とは一体どんな暗号資産なのか、特徴や今後の将来性ついて徹底解説していきます。

The Sandbox(SAND/サンド)の取引を検討している方はこちらの記事を参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • The SandboxはメタバースとNFTを組み合わせたゲーム
  • 独自通貨の「SAND」は、時価総額ランキング37位の人気通貨
  • 自作のNFTを販売して稼ぐことができる
  • メタバース上の土地「LAND」でマネタイズできる

The Sandbox(SAND/サンド)の取引を始める事前準備として、国内取引所で仮想通貨を購入しておきましょう。

オススメは、国内ダウンロード数No.1の【Coincheck】です。

2022年8月時点、国内取引所で唯一仮想通貨「SAND」の取扱をしております。

たった5分で登録出来て、今なら1,500円相当もらえるキャンペーン実施中です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\アプリダウンロード数No.1/

<参考記事>

また国内の各取引所の特徴を下記図表でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください♪

仮想通貨取引所 👑 総合ランキング 👑

順位1位2位3位4位
取引所コインチェックビットフライヤーGMOコインDMM Bitcoin
取引手数料無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:Maker-0.01%
Taker0.05%
販売所:無料
取引所:-
取扱通貨数17種類14種類21種類15種類
最低取引金額500円相当額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.00001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.0001BTC
取引所:-
入金手数料0円〜1,018円0円〜330円無料無料
出金手数料407円220円〜770円無料無料
送金手数料0.0005BTC0.0004BTC無料無料
レバレッジ取引2倍2倍2倍
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

The Sandbox(SAND/サンド)とは?

名称The Sandbox
シンボルSAND
現在の価格(2022年8月)¥182.53
時価総額(2022年8月)¥234,326,373,046
時価総額ランキング(2022年8月)37位
取引可能な取引所(2022年8月)国内取引所:Coincheck
海外取引所:Biance,Bybit
詳細公式サイト

The Sandbox(SAND/サンド)は、2022年8月現在、時価総額が37位の仮想通貨です。

2011年にモバイルゲーム企業Pixowlによって開発されたイーサリアムブロックチェーン基盤として作られたNFTゲームです。

LAND(ランド)と呼ばれるメタバース上の仮想の土地を提供しており、ユーザーはLAND上でプレイできるオリジナルのゲームの作成や、ゲームで使用するキャラクターやアイテムの作成を楽しむことができます。

The SandboxはNFTゲームでありながら、ユーザー同士で土地を貸し出したり、キャラクターやアイテムを売買したりすることができることでゲームの中で誰にも稼ぐことができます。

まさに【ゲーム✖️ビジネス】を実現したプロジェクトと言えるでしょう。

またTheSandboxには、ソフトバンクグループが105億円も出資しているから個人だけでなく企業規模で注目を集めてることが伺えます。

他にも有名企業adidas(アディダス)とコラボレーションしてることが報告されています。

個人だけでなく、大企業も注目してることから今後期待できるね♪

The Sandbox(SAND/サンド)は、ダウンロード数No.1を誇る国内最大の取引所【Coincheck】で取引可能です。

すでにThe Sandbox(SAND/サンド)に注目されている方は、Coincheck公式サイトを確認してみてください。

たった5分で登録出来て、今なら1,500円相当もらえるキャンペーン実施中です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\アプリダウンロード数No.1/

<参考記事>

The Sandbox(SAND/サンド)の特徴

仮想通貨(暗号資産)SAND/サンドボックスとNFTゲームThe Sandboxには、以下の特徴があります。

The Sandbox(SAND/サンド)の特徴
  • メタバース(バーチャル空間)でゲームを楽しめる
  • 独自通貨の「SAND」を発行
  • ゲーム内で稼ぐことができる
  • メタバース上の土地「LAND」でマネタイズができる

メタバース(バーチャル空間)でゲームを楽しめる

1つ目の特徴は、仮想空間「メタバース」を自由に楽しめることが挙げられます。

具体的には、以下のようなことを楽しむことができます。

  • 謎解きや収集を楽しむ
  • キャラクターやアイテムを作成できる
  • 3Dゲームを自作できる

The Sandboxは、マインクラフトのような「仮想空間の中で創造性豊かに楽しめるゲーム」と類似のゲームだと言えるでしょう。

独自通貨の「SAND」を発行

The Sandboxは、独自通貨の「SAND」を発行しています。

SANDには次の用途があります。

  • ガバナンストークン
  • ステーキング
  • NFTの売買

ガバナンストークンとは、保有量に応じてThe Sandboxの活動などを決定する際の投票権を得られる役割があります。

そして2つ目の用途としてステーキングです。

The Sandboxでは、SANDを対象としたステーキングを実施しており、保有者は報酬を得られます。

ステーキングとは?対象の仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬が貰える仕組みのこと。

ステーキングは銀行預金しておくより絶対に増えるからお得だよ♪

金利は低くても3〜5%くらいはあるよ。

銀行の0.001%とは比べものにならないね。

そんなに高いの!?

それなら少額だけでもやっておくのがいいわね。

3つ目の用途としてNFTの売買に使用することができます。

The Sandboxでは、制作したボクセルモデルを売買するNFTマーケットプレイスがあり、その際に【SAND】を使用することができます。

ゲーム内で稼ぐことができる

3つ目の特徴は、ゲーム内で稼ぐことができることです。

The Sandboxでは、ゲーム内で使えるキャラクターやアイテムを作成し、NFTとして売買できます

2021年には、プレイして稼ぐことができる「Play to Earn」としてAxie Infinity(アクシーインフィニティ)が最も注目を集めましたが、The Sandboxでも同じように稼ぐことができます。

メタバース上の土地「LAND」でマネタイズができる

4つ目の特徴は、メタバース上の土地「LAND」でマネタイズができることです。

The Sandboxはメタバース上の土地「LAND」を提供しており、「LAND」を利用した様々なマネタイズ方法が生まれています。

  • LANDの売買・貸し出し
  • 有料ゲームの提供
  • イベントを開催して集客する

LANDを保有した人は、土地を自由にアレンジすることができることから工夫次第で大きな報酬を得ることが可能です。

実際にアディダスやエイベックスなど有名企業がLAND内に参入してるんだ。

今後も需要が上がって価格上昇も期待できるね。

The Sandbox(SAND/サンド)の価格動向

現在(2022年8月7日時点)、時価総額ランキング37位の人気銘柄で価格は約1.3ドルです。

2021年11月に最高値を記録

2021年初頭には約0.03ドルだったThe Sandbox(SAND/サンド)ですが、2021年11月には約7.49ドルまで価格が高騰しました。

2021年1月に買ってたら資産が約280倍になってたってこと!?

そうだね!早めに買ってたらめちゃくちゃ儲かってたね♪

これには以下のような理由が考えられています。

  • 仮想通貨市場全体が上昇相場だったこと
  • アメリカでのビットコイン先物ETFの許可したこと
  • エルサルバドルでのビットコイン法定通貨化にしたこと

2022年は下落トレンド入り

2021年末からは仮想通貨市場全体が下落トレンドとなっており、2022年6月にはThe Sandbox(SAND/サンド)も一時0.83ドルまで価格を落とします。

2022年以降から下落トレンドとなった要因は以下が考えられます。

  • 2022年よりFOMCによる金利引き上げが開始
  • 2022年5月に中国で仮想通貨取り扱いに関する規制
  • 2022年5月にUST・terra(LUNA)の大暴落

んーー、高値や底値ってわからないものね

そうだね、正確に相場を読むことのはプロの投資家でも難しいからコツコツ【つみたて購入】するのがオススメだね。

The Sandbox(SAND/サンド)の将来性・ポイント

The Sandbox(SAND/サンド)の将来性・ポイントについて紹介していきます。

結論として、The Sandbox(SAND/サンド)は今後として人気上昇が期待できる銘柄です。

理由は以下の5つです。

ドージコイン(DOGE)の今後の将来性・ポイント
  • 有名企業がLANDを保有している
  • NFT・メタバース市場の拡大
  • プラットフォームのアップデート
  • 国内取引所への上場
  • 仮想通貨全体の値動き

有名企業がLANDを保有している

1つ目のポイントとしては、有名企業がLANDを保有していることです。

先ほども紹介した通り、アディダスやエイベックスなど名だたる企業が参入していることから今後どのようなサービスが提供されるのか注目が集まっています。

また、2022年6月には人気サッカー漫画「キャプテン翼」とのコラボをしたことも大きな話題を生んでいます。

今後の有名企業の参入やサービス展開によってユーザー数が一気に増加することが期待されています。

ただ短期的には下落することもあるよ。

だから長期保有する覚悟が必要だね♪

短くても3年間は保有する気持ちでいよう。

※あくまで余剰資金の中で買うように

数万円だけでも買っておくと良さそうね♪

NFT・メタバース市場の拡大

2つ目のポイントは、NFT・メタバース市場の拡大における影響です。

The Sandbox(SAND/サンド)は、NFT・メタバース関連の銘柄であることから、これらの市場拡大によって価格が上昇します。

今後さらにメタバース関連事業が増え、コンテンツの質が上がることで更なる上昇が予想されています。

実際にFacebookが「Meta」に社名変更した上で1兆円の投資をしてることからこれからどんどん伸びる市場ってことだね。

プラットフォームのアップデート

The Sandboxは、2022年3月から、「アルファシーズン2」として、すべての人が全コンテンツを使えるようになるなど、よりユーザーが使いやすい環境を提供する予定です。

また、プレイヤーがLANDを行き来するようなシステムもできていないため、今後のアップデートによる実装が期待されます。

より使いやすいプラットフォームになりユーザーが増えれば、SANDの流動性への影響も大きいと考えられています。

国内取引所への新規上場

4つ目のポイントは国内取引所への新規上場です。

日本では現在(2022年8月時点)、The Sandbox(SAND/サンド)を取り扱う代表的な取引所は、Coincheckのみです。

今後、他の取引所にも上場すれば、知名度が高まって需要が増える可能性があります。

特に国内で人気の取引所GMOコインや「DMM Bitcoin」などで上場することになれば、話題になるでしょう。

仮想通貨全体の値動き

5つ目のポイントは、仮想通貨全体の値動きです。

The Sandbox(SAND/サンド)に限らず、ほぼすべての仮想通貨は「暗号資産市場全体」の影響を受けます。

例えば、2017年は仮想通貨のブームが発生して多くの銘柄が値上がりしました。

一方、2022年5月に中国当局で仮想通貨が禁止されると、ビットコインを含む多くのコインが下落しています。

特に仮想通貨で代表的なビットコインとイーサリアムは市場相場を大きく動かすので、The Sandbox(SAND/サンド)を購入する場合もチェックするようにしておくべきでしょう。

The Sandbox(SAND/サンド)の買い方

The Sandbox(SAND/サンド)の買い方は、次の2ステップになります。

The Sandbox(SAND/サンド)の買い方 2ステップ
  • ①国内取引所の口座開設をする
  • ②国内取引所でThe Sandbox(SAND/サンド)を購入

①国内取引所の口座開設をする

The Sandbox(SAND/サンド)を購入するにあたって、まずは国内取引所の口座開設をしておきましょう。

オススメは、【Coincheck】です。

2022年8月時点、国内取引所で唯一仮想通貨「SAND」の取扱をしております。

国内ダウンロード数No.1の【Coincheck】では、2022年5月よりThe Sandbox(SAND/サンド)の取り扱いを開始しました。

たった5分で登録出来て、今なら1,500円相当もらえるキャンペーン実施中です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\アプリダウンロード数No.1/

<参考記事>

②国内取引所でThe Sandbox(SAND/サンド)を購入   

Coincheckの口座開設ができましたら公式アプリより購入していきます。

Coincheckでは現時点【販売所】のみで購入可能です。

まずは下記の【販売所】をクリックし、【SAND サンド】を選択。

次に【購入】ボタンを選択。

次に金額入力をして【日本円でSAND購入】ボタンで確定。

これで完了です。

お疲れ様でした!

The Sandbox(SAND/サンド)のまとめ

今回は、The Sandbox(SAND/サンド)の特徴から購入方法まで具体的に解説しました。

もしわからないところがあれば下記にリンクを貼っていますので、もう一度該当箇所を見ながら確認してみてください。

The Sandbox(SAND/サンド)は、2022年8月現在、時価総額が37位の人気の仮想通貨です。

The Sandboxは、メタバースとNFTを組み合わせたゲームで自作のNFTを売買したり、メタバース上の土地「LAND」でマネタイズできる新しいPlay to Earn(プレイして稼げる)ゲームです。

また個人だけでなく、有名企業のアディダスやエイベックスなども土地「LAND」を所有することで、注目が集まっています。

2021年には、仮想通貨バブルの影響もあったことで2021年末には1年間で価格が280倍も上がりました。

しかし2022年1月以降は、アメリカの金利引き上げの影響を受けて仮想通貨全体の下落トレンドしました。

しかし2022年6月頃に底値を迎え、価格がまた上昇を始めてます。

今後徐々に相場に回復すれば、2021年の最高値を更新することも期待できます。

今後の仮想通貨全体で更なる人気が高まる期待から少額1万円でも購入しておくのが良いでしょう。

The Sandbox(SAND/サンド)を買いたい方は、仮想通貨の口座が必要となります。

The Sandbox(SAND/サンド)は、国内ダウンロード数No.1の【Coincheck】で取引可能です。

たった5分で登録出来て、今なら1,500円相当もらえるキャンペーン実施中です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\アプリダウンロード数No.1/

<参考記事>

また国内の各取引所の特徴を下記図表でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください♪

仮想通貨取引所 👑 総合ランキング 👑

順位1位2位3位4位
取引所コインチェックビットフライヤーGMOコインDMM Bitcoin
取引手数料無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:Maker-0.01%
Taker0.05%
販売所:無料
取引所:-
取扱通貨数17種類14種類21種類15種類
最低取引金額500円相当額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.00001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.0001BTC
取引所:-
入金手数料0円〜1,018円0円〜330円無料無料
出金手数料407円220円〜770円無料無料
送金手数料0.0005BTC0.0004BTC無料無料
レバレッジ取引2倍2倍2倍
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました