【Polygon(ポリゴン・MATIC)とは?】買い方・特徴・将来性を画像付きで完全ガイド!

オススメ銘柄

Polygon(ポリゴン・MATIC)ってどんな仮想通貨なの?

今後値上がりするかな?

特徴と買い方を教えてほしい。

そんな悩みを解決してあげる♪

この記事では、ポリゴン(Polygon/MATIC)の特徴や買い方、今後の見通しについて詳しく解説をしていきます。

ポリゴン(Polygon/MATIC)は、イーサリアムにおける処理速度の低下や手数料高騰といったスケーラビリティ問題を解決するために生み出された仮想通貨です。

イーサリアム拡大の支援を目指してることからイーサリアムのセカンドレイヤーと呼ばれています。

2022年10月1日現在、時価総額13位に位置しており、多くの投資家からも注目されています。

2021年の年初から12月までの1年間で1.8→330円へと上昇し、価格が約180に高騰しました。

そんなポリゴン(Polygon/MATIC)とは一体どんな暗号資産なのか、特徴や今後の将来性ついて徹底解説していきます。

ポリゴン(Polygon/MATIC)の取引を検討している方はこちらの記事を参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • ポリゴン(Polygon/MATIC)、時価総額13位の人気の高いコイン
  • 2022年10月1日時点の価格は「1MATIC = 112円」
  • ポリゴン(Polygon/MATIC)イーサリアムのセカンドレイヤーである
  • ポリゴン(Polygon/MATIC)処理速度が速く、取引コストも安い
  • ポリゴン(Polygon/MATIC)PoS(プルーフオブステーク)を採用している

ポリゴン(Polygon/MATIC)の取引を始める事前準備として、国内取引所の口座を開設しておきましょう。

オススメは、2022年7月よりポリゴン(Polygon/MATIC)の取扱を開始したビットフライヤーです。

ビットフライヤーは、ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)を誇る国内最大の取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

たった10分で登録出来て、ビットコインを含めた全17 種類の仮想通貨を たったの1 円から売買できる取引所です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\ビットコイン取引量6年連続No.1/

<参考記事>

また国内の各取引所の特徴を下記図表でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください♪

仮想通貨取引所 👑 総合ランキング 👑

順位1位2位3位4位
取引所コインチェックビットフライヤーGMOコインDMM Bitcoin
取引手数料無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:Maker-0.01%
Taker0.05%
販売所:無料
取引所:-
取扱通貨数17種類14種類21種類15種類
最低取引金額500円相当額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.00001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.0001BTC
取引所:-
入金手数料0円〜1,018円0円〜330円無料無料
出金手数料407円220円〜770円無料無料
送金手数料0.0005BTC0.0004BTC無料無料
レバレッジ取引2倍2倍2倍
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?

名称ポリゴン(Polygon)
シンボルMATIC
現在の価格(2022年9月)¥11
時価総額¥932,000,706,378
時価総額ランキング13位
取引可能な取引所国内取引所:ビットフライヤー
bitbank

海外取引所:Biance,Bybitなど多数
詳細公式サイト

ポリゴン(Polygon/MATIC)は、2022年10月時点で時価総額が13の仮想通貨です。

特徴としては、トランザクションの処理スピードの速さと手数料の安く、仮想通貨の課題であるスケーラビリティ問題(手数料高騰や、取引の処理遅延などが発生する問題)を解決することを目的に作られた通貨です。

現時点の価格(2022年10月)は「1MATIC = 112円」をつけていますが、2021年11月には180円を超えたこともあります

2022年に入ってから米国のインフレ抑制のために実施されている金利引き上げの影響を受けて、仮想通貨全体で下落トレンドとなっていますが、いずれは回復していく可能性は高いです。

送金速度やコストが低いことから人気が高く、将来性も高いことから今後も市場価値が高まっていくでしょう。

時価総額が高く国内でも人気のコインであるため、今後も価格上昇が期待できるね♪

なお2022年10月時点で国内取引所のbitFlyer、bitbankで取扱をしており購入することができます。

取引をする際は、まずbitFlyerなどの仮想通貨専用の口座開設が必要です。

たった10分で登録出来て、ビットコインを含めた全17 種類の仮想通貨を たったの1 円から売買できる取引所です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\ビットコイン取引量6年連続No.1/

<参考記事>

ポリゴン(Polygon/MATIC)の特徴

ポリゴン(Polygon/MATIC)には、以下の特徴があります。

ポリゴン(Polygon/MATIC)の特徴
  • イーサリアムのセカンドレイヤーである
  • 処理速度が速く、取引コストも安い
  • PoS(プルーフオブステーク)を採用している
  • ステーキングができる
  • DEX(分散型取引所)機能がある

イーサリアムのセカンドレイヤーである

1つ目の特徴は、イーサリアムのセカンドレイヤーであることです。

イーサリアムは、仮想通貨の中で時価総額ランキング第2位の知名度が高いブロックチェーンですが、一方で処理スピードが落ちたり高額の手数料が発生したりといったことも問題視されています。

イーサリアムが抱えるこのような問題を「スケーラビリティ問題」といいます。

ポリゴン(Polygon/MATIC)は、イーサリアムのセカンドレイヤーとしての活用することで、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決できるプロジェクトとして開発からどんどん注目度が高まっています。

処理速度が速く、取引コストも安い

2つ目の特徴は、処理速度が速く、取引コストも安いことです。

例えば、主要な仮想通貨であるビットコインやイーサリアムと比較すると、次のようになります。

ブロックチェーン1秒あたりのトランザクション処理速度数
MATIC(ポリゴン)約65,000
BTC(ビットコイン)約6〜7
ETH(イーサリアム)約13~15
XRP(リップル)約4,000

ビットコインやイーサリアムは多くのユーザーがいる一方で、以前からスケーラビリティ問題(取引件数が増えすぎて、処理の遅延や手数料高騰が起こること)に苦慮しており、その解決策をいろいろと講じてはいますが、理想とは程遠いのが現状です。

一方でポリゴン(Polygon/MATIC)は、ビットコインやイーサリアムとは比べ物にならないほどの高速処理と安い処理コストを実現しています。

またこれまでリップルなど、ビットコインやイーサリアムの欠点を克服したブロックチェーンが多くつくられてきましたが、ポリゴン(Polygon/MATIC)はそれらの性能をも上回っています。

PoS(プルーフオブステーク)を採用している

3つ目の特徴は、PoS(プルーフオブステーク)を採用していることです。

PoS(プルーフオブステーク)とは?…トークンの保有量などに応じて報酬を得やすくなる仕組みのこと。

ビットコインが採用しているPoW(プルーフオブワーク)は膨大な電力を使った計算作業が必要です。

一方でPoS(プルーフオブステーク)は、複雑な計算が不要の為、環境に優しいといったポイントがあります。

ステーキングができる

4つ目の特徴は、ステーキングができることです。

ステーキングとは?…保有してる仮想通貨を取引所に預けることで報酬を得る方法のこと。

仕組みは、銀行預金で金利を貰うのと似てます。

銀行預金と違う部分はどこかしら?

違いは金利の高さだね!

銀行預金は0.001%だけど、

ステーキングは、金利50%とか100%が存在するよ!

そんな高いの!?

それは利用してみたいわ

仮想通貨のステーキングデータサイトである「Staking Rewards」でも、ポリゴン(Polygon/MATIC)は数ある銘柄の中で堂々の9位にランキングしています。(2022年10月時点)

ステーキングはDeFi(分散型金融)の一種で、仮想通貨を基盤とした管理者がいない金融システムとなっており、アクセスすれば誰もが資産運用できる仕組みとなっています。

DeFi(分散型金融)とは?…仮想通貨を基盤とした管理者がいない金融システムとなっており、アクセスすれば誰もが資産運用できる仕組みのこと。

仮想通貨は投機対象として見られがちですが、ステーキングを利用すればDefiの仕組みによって最小限のリスクで稼ぐことができます

<あわせて読みたい>

DEX(分散型取引所)機能がある

5つ目の特徴は、DEX(分散型取引所機能があることです。

分散型取引所(DEX)とは?ユーザー間同士で直接取引ができることで手数料を安く抑えることができ、且つ保有する仮想通貨を預けることで報酬を得ることができる取引所のこと。

DEX(分散型取引所には、さまざまな種類があり、その中でイーサリアムブロックチェーンをベースに作られたSushiSwapというDEX(分散型取引所)があります。

ここではイーサリアム以外にもポリゴン(Polygon/MATIC)をベースに取引することができ、なおかつイーサリアム以上に手数料が安く、高速のやり取りが可能です。

SushiSwapとは?イーサリアムブロックチェーンを基盤にして作られた分散型取引所(DEX)で、MATICブロックチェーンをベースに取引することもできる。

金利も非常に高く、2022年10月時点でも特定の仮想通貨を預けることで、年利200%の報酬を得ることができます。

<あわせて読みたい>

ポリゴン(Polygon/MATIC)の価格動向

現在(2022年10月1日時点)、時価総額ランキング13位の人気銘柄で価格は¥112です。

2021年11月に最高値を記録

2021年初頭には約1.8だったポリゴン(Polygon/MATIC)ですが、2021年11月には約330円と最高値を記録したことで価格が約180倍まで高騰しました。

2021年1月に10万円買ってたら約1,800万円になってたってこと!?

そうだね!早めに買ってたらめちゃくちゃ儲かってたね♪

これには以下のような理由が考えられています。

  • 仮想通貨市場全体が上昇相場だったこと
  • アメリカでのビットコイン先物ETFの許可したこと
  • エルサルバドルでのビットコイン法定通貨化にしたこと

2022年は下落トレンド入り

2021年末からは仮想通貨市場全体が下落トレンドとなっており、2022年6月にはポリゴン(Polygon/MATIC)も一時46円まで価格を落とします。

2022年以降から下落トレンドとなった要因は以下が考えられます。

  • 2022年よりFOMCによる金利引き上げが開始
  • 2022年5月に中国で仮想通貨取り扱いに関する規制
  • 2022年5月にUST・terra(LUNA)の大暴落

んーー、高値や底値ってわからないものね

そうだね、正確に相場を読むことのはプロの投資家でも難しいからコツコツ【つみたて購入】するのがオススメだね。

<あわせて読みたい>

ポリゴン(Polygon/MATIC)の将来性

ポリゴン(Polygon/MATIC)の将来性について紹介していきます。

結論として、ポリゴン(Polygon/MATIC)は今後として人気上昇が期待できる銘柄です。

ただし短期的には下落トレンドが続く可能性もあります。

なので長期保有する覚悟が必要です。

短くても3年間は保有する気持ちでいれば仮想通貨全体を通して価格上昇が見込めるでしょう。

※あくまで余剰資金の中で買うようにして下さい

わかったわ♪

そしたら数万円だけ買っておくと良さそうね♪

理由は以下の4つです。

ポリゴン(Polygon/MATIC)の将来性
  • ステーキングが盛んに行われている
  • DEX(分散型取引所)が拡大している
  • テラ(LUNA)から48以上のプロジェクトが移行
  • 新しい国内取引所への上場が期待されている

ステーキングが盛んに行われている

1つ目のポイントは、ステーキングが盛んに行われていることです。

ポリゴン(Polygon/MATIC)は、ステーキングの需要が非常に高い仮想通貨です。

仮想通貨のステーキングデータサイトである「Staking Rewards」でも、ポリゴン(Polygon/MATIC)は数ある銘柄の中で堂々の9位にランキングしています。(2022年10月時点)

また、大手有名企業のJPモルガンの発表によると、ステーキング市場は2025年までに400億ドル規模の市場に成長すると予想しており、こういった外部環境もポリゴン(Polygon/MATIC)の知名度を向上させていくと考えられるでしょう。

DEX(分散型取引所)が拡大している

2つ目のポイントは、DEX(分散型取引所)が拡大しているということです。

イーサリアム基盤のDEX(分散型取引所)の1つであるSushiSwap(スシスワップ)があります。

SushiSwap(スシスワップ)はDEXランキングで16位(2022年9月時点)と人気が高いでありながら、そのほかのDEXの1つであるRaydium(レイディウム)との統合を計画しています。

ポリゴン(Polygon/MATIC)の高速処理・低コストに非常に期待が高いことが伺えます。

この統合によりさらにDEX(分散型取引所)が拡大することが予想されます。

<あわせて読みたい>

<あわせて読みたい>

テラ(LUNA)から48以上のプロジェクトが移行

3つ目のポイントは、テラ(LUNA)から48以上のプロジェクトが移行されたことです。

ステーブルコイン「テラUSD(UST)」壊滅的な下落に端を発したテラ(Terra)ブロックチェーンの崩壊から約2カ月、テラ上で稼働していた48以上のプロジェクトがポリゴン(Polygon)への移行を開始しました。

行こうに関しては、ポリゴン・スタジオ(Polygon Studios)のCEO、ライアン・ワイアット(Ryan Wyatt)氏は7月9日朝、ツイートしました。

ポリゴン・スタジオ(Polygon Studios)は5月、移行を検討しているテラ上のプロジェクトを支援するために数百万ドルを準備していると発表しました。

また資金援助のみならず、技術的な援助も喜んで提供する。開発者など、あらゆるものを提供する」とも発言をしておりました。

現在でも最も多くのDappsなどの開発が進んでいるのはイーサリアム(ETH)ですが、イーサリアムは需要過多によるスケーラビリティ問題を抱えています。

Dappsとは?ブロックチェーンを活用して作られた「分散型アプリケーション」のこと

Dappsの実例一覧
  • SushiSwap
  • Uniswap
  • Raydium
  • PancakeSwap
  • The Sandbox
  • STEPN

イーサリアムのスケーラビリティ問題を受けて、今後は非常に多くのDappsが高速・低コストのブロックチェーンであるポリゴン(Polygon/MATIC)で開発される可能性は十分に考えられます。

ポリゴン(Polygon/MATIC)は、他のブロックチェーンにはない優れた点が多いことからも、将来的な需要は増加すると言えるでしょう。

新しい国内取引所への上場が期待されている

4つ目のポイントは、新しい国内取引所への上場が期待されているということです。

日本では現在(2022年10月時点)、ポリゴン(Polygon/MATIC)を取り扱う代表的な取引所は、以下の2つです。

  • ビットフライヤー
  • bitbank

ただこの2つに関しては、まだまだユーザーが少ない取引所です。

今後、他の取引所にも上場すれば、知名度が高まって需要が増える可能性があります。

特に国内で人気の取引所「コインチェック」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」などで上場することになれば、話題になるでしょう。

個人的には手数料が無料のGMOコインがおすすめです。

ポリゴン(Polygon/MATIC)の買い方

ポリゴン(Polygon/MATIC)の買い方は、次の2ステップになります。

ポリゴン(Polygon/MATIC)の買い方 2ステップ
  • ①国内取引所の口座開設をする
  • ②国内取引所でポリゴン(Polygon/MATIC)を購入

①国内取引所の口座開設をする

ポリゴン(Polygon/MATIC)を購入するにあたって、まずは国内取引所の口座開設をしておきましょう。

国内取引所の中でオススメは、ビットフライヤーです。

ビットコイン取引量6年連続No.1のビットフライヤーでは、2022年7月よりポリゴン(Polygon/MATIC)の取り扱いを開始しました。

たった10分で登録出来て、ビットコインを含めた全17 種類の仮想通貨を たったの1 円から売買できる取引所です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\ビットコイン取引量6年連続No.1/

<参考記事>

②国内取引所でポリゴン(Polygon/MATIC)を購入   

ビットフライヤーの口座開設ができましたら公式アプリより購入していきます。

ビットフライヤーでは現時点【販売所】のみで購入可能です。

まずは下記の【販売所】をクリックし、【MATIC ポリゴン】を選択。

次に【買う】ボタンを選択。

購入金額を入力して【買い注文に進む】を選択。

最後に【買い注文を確定する】を選択します。

これで購入完了です。

お疲れ様でした!

ポリゴン(Polygon/MATIC)のまとめ

今回は、ポリゴン(Polygon/MATIC)の特徴から購入方法まで具体的に解説しました。

もしわからないところがあれば下記にリンクを貼っていますので、もう一度該当箇所を見ながら確認してみてください。

ポリゴン(Polygon/MATIC)は、2022年10月現在、時価総額が13位の人気の仮想通貨です。

特徴としてトランザクションの処理スピードの速さと手数料の安く、仮想通貨の課題であるスケーラビリティ問題(手数料高騰や、取引の処理遅延などが発生する問題)を解決することを目的に作られたことから今後さらに価格が上がっていく可能性は高いです。

ここまで紹介した通りポリゴン(Polygon/MATIC)の将来性を感じるニュースは多数あります。

ポリゴン(Polygon/MATIC)への期待は高く、2021年の年初から12月までの1年間で1.8→330円へと上昇し、価格が約180に高騰しました。

しかし2022年1月以降は、アメリカの金利引き上げの影響を受けて仮想通貨全体の下落トレンドしました。

しかし2022年6月頃に底値を迎え、価格がまた上昇を始めてます。

今後徐々に相場に回復すれば、2021年の最高値を更新することも期待できます。

今後の仮想通貨全体で更なる人気が高まる期待から少額1万円でも購入しておくのが良いでしょう。

ポリゴン(Polygon/MATIC)買いたい方は、仮想通貨の口座が必要となります。

国内の取引所の中で、人気が高い仮想通貨取引所のビットフライヤーで、2022年7月よりポリゴン(Polygon/MATIC)扱を開始しました。

たった10分で登録出来て、ビットコインを含めた全17 種類の仮想通貨を たったの1 円から売買できる取引所です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\ビットコイン取引量6年連続No.1/

<参考記事>

また国内の各取引所の特徴を下記図表でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください♪

仮想通貨取引所 👑 総合ランキング 👑

順位1位2位3位4位
取引所コインチェックビットフライヤーGMOコインDMM Bitcoin
取引手数料無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:Maker-0.01%
Taker0.05%
販売所:無料
取引所:-
取扱通貨数17種類14種類21種類15種類
最低取引金額500円相当額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.00001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.0001BTC
取引所:-
入金手数料0円〜1,018円0円〜330円無料無料
出金手数料407円220円〜770円無料無料
送金手数料0.0005BTC0.0004BTC無料無料
レバレッジ取引2倍2倍2倍
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました