【ポルカドット(DOT)とは?】特徴・将来性・買い方を画像付きで完全ガイド!

オススメ銘柄

ポルカドット(DOT)の取引を始めてみたいけど、どんな仮想通貨なのかな?

特徴、今後の将来性、購入方法を教えてほしい。

そんな悩みを解決してあげる♪

この記事では、ポルカドット(DOT)の特徴や今後の見通しについて詳しく解説をしていきます。

ここで使用される仮想通貨のことを「ドット(DOT)」と呼びます。

ポルカドットは、スイスにある「Web3財団」が開発しており、イーサリアムの共同開発者の一人であるギャビン・ウッド氏が関わるブロックチェーンによって「Web3.0」の実現を目指したプロジェクトです。

Web3.0とは?ブロックチェーン技術を活用した非中央集権型の構造のこと。

Web3.0が実現すれば、GoogleやAmazonなどの世界の大企業に依存しないでも自由に個人同士でやり取りできるのがメリットだよ。

2021年は仮想通貨全体が大きく成長した年ですが、その中でも急成長した銘柄の1つがポルカドット(DOT)です。

ポルカドット(DOT)が、上場したのは2020年8月で比較的歴史の浅い通貨ですが、2021年末には上場価格300円→6,000円へと価格が20倍も上がりました。

そんなポルカドット(DOT)とは一体どんな暗号資産なのか、特徴や今後の将来性ついて徹底解説していきます。

ポルカドット(DOT)の取引を検討している方はこちらの記事を参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • ポルカドット(DOT)は、分散型Web世界を実現できる
  • ポルカドット(DOT)は、セキュリティ性能が高い
  • ポルカドット(DOT)は、スケーラビリティ問題を解決できる
  • ポルカドット(DOT)は、関連プロジェクトがたくさんある
  • ポルカドット(DOT)は、アップグレードが簡単にできる

ポルカドット(DOT)の取引を始める事前準備として、国内取引所で仮想通貨を購入しておきましょう。

オススメは、入出金・送金手数料が無料国内No.1の銘柄数を取り扱う【GMOコイン】です。

たった10分で登録出来て、今なら現金1,000が当たるキャンペーン実施中です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\取り扱い銘柄数 国内No.1/

<参考記事>

また国内の各取引所の特徴を下記図表でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください♪

仮想通貨取引所 👑 総合ランキング 👑

順位1位2位3位4位
取引所コインチェックビットフライヤーGMOコインDMM Bitcoin
取引手数料無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:Maker-0.01%
Taker0.05%
販売所:無料
取引所:-
取扱通貨数17種類14種類21種類15種類
最低取引金額500円相当額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.00001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.0001BTC
取引所:-
入金手数料0円〜1,018円0円〜330円無料無料
出金手数料407円220円〜770円無料無料
送金手数料0.0005BTC0.0004BTC無料無料
レバレッジ取引2倍2倍2倍
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

ポルカドット(DOT)とは?

名称ポルカドット(DOT)
シンボルDOT
現在の価格(2022年8月)¥1,267.50
時価総額(2022年8月)¥1,400,993,608,528
時価総額ランキング(2022年8月)10位
取引可能な取引所(2022年8月)国内取引所:ビットフライヤー、
GMOコイン、BITPOINT
海外取引所:Biance
詳細公式サイト

ポルカドット(DOT)は、2022年7月現在、時価総額が10位の仮想通貨です。

大きな特徴として、異なるブロックチェーン同士を繋ぐ「インターオペラビリティ」(相互運用性)の実現できるブロックチェーンです。

これまでのビットコインやイーサリアムなどは、1つの仮想通貨につき1つのチェーンしか持っていませんでした。

一方でポルカドット(DOT)は、1つのリレーチェーンと複数パラチェーンを持つ次世代のブロックチェーンプロトコル機能を持つ仮想通貨です。

リレーチェーンとは?…ポルカドットの軸となるチェーン。

ポルカドット全体の合意形成やセキュリティ保持を担当。

パラチェーンとは?…軸となるリレーチェーンに接続される独立したチェーン。

最大100個まで増やすことができ、オークションで選出される。統一された規格や規制がないため、多種多様なチェーンが参加可能。

またポルカドット(DOT)は、1秒間に数千回のトランザクション処理が可能であり、「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。

ポルカドット(DOT)は、国内No.1の銘柄数を取り扱う【GMOコイン】で取引可能です。

すでにポルカドット(DOT)に注目されている方は、GMOコイン公式サイトを確認してみてください。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\取り扱い銘柄数 国内No.1/

<参考記事>

ポルカドット(DOT)の特徴

ポルカドット(DOT)の特徴は以下の3つです。

ポルカドット(DOT)の特徴
  • インターオペラビリティを実現できる
  • スケーラビリティ問題を解決できる
  • 簡単にアップグレードができる

インターオペラビリティを実現できる

まず1つ目の特徴は、異なるブロックチェーン同士を繋ぐ「インターオペラビリティ」(相互運用性)の実現できることです。

インターオペラビリティとは?…異なるブロックチェーン同士を繋ぐことができることで、仲介者(大手取引所など)を必要せずに個人同士で取引することが可能。

つまりポルカドット(DOT)によって、Web3.0にふさわしい分散型の取引が実現するようになります。

これが普及すれば、手数料やスプレッドの心配が無くなるよ!

これからどんどん個人の時代になることを考えると期待の技術ね♪

スケーラビリティ問題を解決できる

2つ目の特徴はスケーラビリティ問題を解決できることです。

スケーラビリティ問題とは?… ブロックチェーンにユーザー集中することで取引処理の遅延や手数料の高騰が発生すること。

スケーラビリティ問題は特にイーサリアム(ETH)で顕著な問題です。

大きな原因は、取引時に利用するDapps(分散型アプリ)が全て1つのチェーンで行われることでどれか1つのDapps(分散型アプリ)で処理が増えるとネットワーク全体が混み合ってしまうようになっています。

Dapps(分散型アプリ)とは?… ブロックチェーン技術によって、あらかじめプログラミングされた一定の条件に対して決まった取引を自動で行う仕組みのこと。

一方でポルカドット(DOT)は、Dapps(分散型アプリ)が軸となるリレーチェーンではなく、個別のパラチェーンの上に構築されます。

そのため、1つのDapps(分散型アプリ)で処理量が増えたとしても他のチェーンに影響はなく、全体で手数料の高騰や遅延が起こらない仕組みとなっています。

イーサリアムだと手数料だけで数千円なんてこともあるから、これは本当にすごい技術だよ♪

手数料だけで数千円!?

取引の時は気をつけないと。

簡単にアップグレードができる

3つ目の特徴は、アップグレードが簡単に、かつ早くできるということです。

通常の仮想通貨では、一度機能を改善しようと思ったら、「ハードフォーク」を用いる必要がありますが、ポルカドットではその必要がありません。

ハードフォークとは?… ブロックチェーンのアップデートであり、互換性のない大規模なアップデートのこと。

デメリットとして時間がかかる上、効率的ではない。

そのため、アップデートを素早くかつ簡単に行うことができ、利用者にとっても便利な仮想通貨になっていると言えます。

このように、仮想通貨のアップデートや開発の柔軟性において、ポルカドットはかなり優秀です。

長期的な視点で見た場合、開発者やユーザーにとって負担なく利用できることは今後更なる普及が見込めることでしょう。

ポルカドット(DOT)の価格動向

現在(2022年7月30日時点)、時価総額ランキング11位の人気銘柄で価格は約1,127円です。

2021年11月に最高値を記録

2021年初頭には300円台だったポルカドット(DOT)ですが、2021年5月には5,000円台まで価格が高騰しました。

しかし2021年7月には仮想通貨全体の下落に伴って1,300円まで価格が急落しました。

一旦は、最高値から4分の1まで価格が落ちたものの、その後順調に価格上昇を続け、2021年11月には6,000円台を超えて最高値を記録しました。

上場した時に買ってたら資産が20倍になってたってこと!?

そうだね!早めに買ってたらめちゃくちゃ儲かってたね♪

これには以下のような理由が考えられています。

  • 仮想通貨市場全体が上昇相場だったこと
  • 世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)がポルカドット(DOT)をサポートしていくファンドの設立を発表したこと
  • アメリカでのビットコイン先物ETFの許可したこと
  • エルサルバドルでのビットコイン法定通貨化にしたこと

2022年は下落トレンド入り

2021年11月に最高値を更新した後は、仮想通貨市場全体が下落トレンドとなっており、2022年6月にはポルカドット(DOT)も一時800円まで価格を落とします。

2022年以降から下落トレンドとなった要因は以下が考えられます。

  • 2022年よりFOMCによる金利引き上げが開始
  • 2022年5月に中国で仮想通貨取り扱いに関する規制
  • 2022年5月にUST・terra(LUNA)の大暴落

ただ2022年3月頃には、一時3,000円まで価格が上昇したよ!

んーー、高値や底値ってわからないものね

そうだね、正確に相場を読むことのはプロの投資家でも難しいからコツコツ【つみたて購入】するのがオススメだね。

ポルカドット(DOT)の将来性・見通し

ポルカドット(DOT)の将来性・見通しについて紹介していきます。

結論として、ポルカドット(DOT)は今後として人気上昇が期待できる銘柄です。

理由は以下の6つです。

ポルカドット(DOT)の今後の将来性・見通し
  • 優秀なパラチェーンが充実していく
  • ステーキングが盛んに行われている
  • 将来有望なプロジェクトが開発しやすい
  • 新たな仮想通貨取引所への上場

優秀なパラチェーンが充実していく

ポイント1つ目は、優秀なパラチェーンが充実していくことです。

先ほど紹介した通り、ポルカドット(DOT)は軸となるリレーチェーンと複数のパラチェーンによって構成される仮想通貨です。

今後あらゆる仮想通貨と連携して優秀なパラチェーンを増やして相互運用することが、今後におけるポルカドット(DOT)の鍵となります。

「DeFi」や「NFT」ブームが到来して以来、新規で「DeFi」や「NFT」に特化しようとする仮想通貨が存在します。

しかし多くの仮想通貨で高いセキュリティやユーザー数の獲得に苦労をしています。

非常に優れた技術があるにも関わらず埋もれている仮想通貨も存在します。

もしこのような仮想通貨プロジェクトをパラチェーンできれば、ポルカドット(DOT)にもパラチェーン側にもWinWinな状態になるでしょう。

このように優秀なパラチェーンの充実によってポルカドット(DOT)の需要が増して価格が上昇することが予想できるでしょう。

ステーキングが盛んに行われている

2つ目のポイントは、ステーキングが盛んに行われている点です。

ステーキングとは?仮想通貨を保有してネットワークに預け入れることで金利収入を得ることができる仕組みのこと。

ポルカドット(DOT)はステーキングの需要が非常に高い仮想通貨です。

仮想通貨のステーキングデータサイトである「Staking Rewards」でも、ポルカドット(DOT)は数ある銘柄の中で堂々の5位にランキングしています。(2022年7月時点)

また、大手有名企業のJPモルガンの発表によると、ステーキング市場は2025年までに400億ドル規模の市場に成長すると予想しており、こういった外部環境もポルカドット(DOT)の知名度を向上させていくと考えられるでしょう。

将来有望なプロジェクトが開発できる

3つ目のポイントは、将来有望なプロジェクトが開発できることです。

ポルカドット(DOT)のブロックチェーンの開発は、誰でもできるようになっています。

その理由は「Substrate」と呼ばれるブロックチェーンの開発ツールを世の中に提供しています。

そのため、一般のユーザーはいつでもこの「Substrate」を使ってブロックチェーンの開発をすることができるようになりました。

2020年にローンチされてから約300

種類も開発されてるみたいだよ。

そんなにたくさん!?

すごいわね。。

今後ポルカドット(DOT)の保有を考えている方は、ポルカドットのブロックチェーン上での開発に関するニュースには敏感になっておく必要があるでしょう。

国内取引所への新規上場

4つ目のポイントは国内取引所への新規上場です。

日本では現在(2022年7月時点)、ポルカドット(DOT)を取り扱う代表的な取引所は、以下の3つです。

今後、他の取引所にも上場すれば、知名度が高まって需要が増える可能性があります。

特に国内で人気の取引所Coincheck」や「DMM Bitcoin」など上場することになれば、話題になるでしょう。

仮想通貨全体の値動き

5つ目のポイントは、仮想通貨全体の値動きです。

ポルカドット(DOT)に限らず、ほぼすべての仮想通貨は「暗号資産市場全体」の影響を受けます。

例えば、2017年は仮想通貨のブームが発生して多くの銘柄が値上がりしました。

一方、2022年5月に中国当局で仮想通貨が禁止されると、ビットコインを含む多くのコインが下落しています。

特に仮想通貨で代表的なビットコインとイーサリアムは市場相場を大きく動かすので、ポルカドット(DOT)を購入する場合もチェックするようにしておくべきでしょう。

ポルカドット(DOT)の買い方

ポルカドット(DOT)の買い方は、次の2ステップになります。

ポルカドット(DOT)の買い方 2ステップ
  • ①国内取引所の口座開設をする
  • ②国内取引所でエイダコイン(ADA/Cardano)を購入

①国内取引所の口座開設をする

エイダコイン(ADA/Cardano)を購入するにあたって、まずは国内取引所の口座開設をしておきましょう。

国内取引所の中でオススメは、GMOコインです。

国内No.1の銘柄数を取り扱う【GMOコイン】では、2022年1月26日よりエイダコイン(ADA/Cardano)の取り扱いを開始しました。

たった10分で登録出来て、今なら現金1,000が当たるキャンペーン実施中です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\取り扱い銘柄数 国内No.1/

<参考記事>

②国内取引所でポルカドット(DOT)を購入   

GMOコインの口座開設ができましたら公式アプリより購入していきます。

まずは下記の【取引所 現物】をクリックし、【DOT ポルカドット】を選択。

次に【注文】ボタンを選択。

すぐに購入したい場合は、【成行注文】で数量を入力して購入ボタンで確定。

少しでも値段を安く買いたい場合は、【指値注文】から数量を入力して購入します。

これで完了です。

お疲れ様でした!

ポルカドット(DOT)のまとめ

今回は、ポルカドット(DOT)の特徴から購入方法まで具体的に解説しました。

もしわからないところがあれば下記にリンクを貼っていますので、もう一度該当箇所を見ながら確認してみてください。

ポルカドット(DOT)は、2022年7月現在、時価総額が10位の人気の仮想通貨です。

大きな特徴として、異なるブロックチェーン同士を繋ぐ「インターオペラビリティ」(相互運用性)の実現できる次世代の仮想通貨です。

この技術により多種多様な用途に対応可能です。

またイーサリアム(ETH)などが抱えるスケーラビリティ問題を解決した分散型の取引ができるといったメリットがあります。

2021年には、仮想通貨バブルの影響もあったことで2021年末には上場価格300円→6,000円へと価格が20倍も上がりました。

しかし2022年1月以降は、アメリカの金利引き上げの影響を受けて仮想通貨全体の下落トレンドしました。

しかし2022年6月頃に底値を迎え、価格がまた上昇を始めてます。

今後徐々に相場に回復すれば、2021年の最高値を更新することも期待できます。

今後の仮想通貨全体で更なる人気が高まる期待から少額1万円でも購入しておくのが良いでしょう。

ポルカドット(DOT)を買いたい方は、仮想通貨の口座が必要となります。

ポルカドット(DOT)は、国内No.1の銘柄数を取り扱う【GMOコイン】で取引可能です。

たった10分で登録出来て、今なら現金1,000が当たるキャンペーン実施中です。

気になる方は今すぐ無料登録ボタンからチェック!

\取り扱い銘柄数 国内No.1/

<参考記事>

また国内の各取引所の特徴を下記図表でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください♪

仮想通貨取引所 👑 総合ランキング 👑

順位1位2位3位4位
取引所コインチェックビットフライヤーGMOコインDMM Bitcoin
取引手数料無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:Maker-0.01%
Taker0.05%
販売所:無料
取引所:-
取扱通貨数17種類14種類21種類15種類
最低取引金額500円相当額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.00001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.0001BTC
取引所:-
入金手数料0円〜1,018円0円〜330円無料無料
出金手数料407円220円〜770円無料無料
送金手数料0.0005BTC0.0004BTC無料無料
レバレッジ取引2倍2倍2倍
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました